amazonへ出店する時の質問10つに答えます

投稿者: | 7月 25, 2018

通販大手のamazon

通販スタッフのあかねこです。

「楽天は画像とか字がごちゃごちゃしていてうるさいからamazon派」
という声をよく聞きます。
確かにアマゾンはデザインがスッキリしていますよね。
今日はそんなamazon出店についてご紹介。

 

 

個人でも出店出来るの?

楽天では出来ない個人出店、amazonは可能です。
小口出品と、大口出品の2種類があるけど個人なら小口で良いかも。
大口だと特定商取引法で住所、氏名、電話番号などの表記が必要。
後述するFBA利用は大口出品しか使えないので、FBAを利用したい場合は大口出品で

 

 

インターネットに詳しくないけど出来る?

amazonのマニュアルははっきりいって難しい

書いてある言葉も難しいし、解決方法がよくわからないから
いちいち問い合わせしないといけない
そして問い合わせしてもわからないのがamazon
(これは自分の理解力がないだけ…)
出品方法が一番ややこしいのがamazon
一番簡単なのはやっぱりヤフーオークションとかメルカリだと思います
オークション系は素人の初心者でも簡単に出来るようになっているので

 

 

手数料はいくらくらい?

大口出品と小口出品の2種類があって
私のいた店は大口出品で出していました
大口は何点出品しても月額利用料4900円+販売手数料
小口は1点につき100円+販売手数料

販売手数料は出品する商品によって異なります。
・カメラ、家電系 8%
・楽器 8%
・車、バイク系 10%
・おもちゃ系 10%
・食品系 10%
・ドラッグストア系 10%
・アパレル系 15%
・ペット用品 15%
・本、CD、DVD 15%※
・その他 15%

※本やDVDのみカテゴリー成約料として追加費用がかかる
・本 80円
・ミュージック、DVD,ビデオ 140円

お客さんが支払い方法に選択出来るのも
小口のほうはクレジットかamazonカードだけですが
大口だと支払い方法が増えるのと
一括処理が出来るので商品数が50点以上ある場合は大口をおススメします

 

 

何を売れば良い?

amazonは「本とかDVD」が強いと思います

街中の本屋さんがどんどん閉店していっている現象がおきているけど
「アマゾンで本を買う」人が多い。
DVDも「amazonで買うのが一番安い」とかがあるし。
あとは家電とか、スマホグッズ。
うちで扱っていたアパレル系はあんまり売れなかった

 

 

お客さんが来るのか心配

「買い物するならamazon派」という人もいるくらい
ちゃんと来てくれます。
amazonは検索結果も上位にくるし
「買い物はamazonでする」という人も多いので
年に1回「プライムデー」が開催されるけど、この時が一番集まる。

楽天は毎月何かしらキャンペーン!キャンペーン!やっているので
それに比べたら、amazonは全然キャンペーンしないなと思いますが
楽天はやりすぎ。アマゾンはやらなさすぎ

 

 

HP作ったことがない

amazonの特徴として
「文字の色が黒だけ」
「商品説明文に★とか♪とかの記号がない」
「画像の背景が白で文字が入っていない」
なのですがこれらすべてamazonの決まり事なんです。

逆に言えば「文字の色や大きさを変える必要がない」
「画像加工が必要ない」ので楽といえば楽。

HPを作る必要はない

HPがなくてもお客さんが来てくれるのはamazonならではです

※最初から背景が白い画像があれば良いんですが
なかったら、画像の背景を白にするのは地味に時間のかかる作業です

画像は「背景は白」「文字は使わない」「マネキン禁止」
「人物2人以上はダメ」「人物は立っていないとダメ」
などの決まりがあります。
人物が寝てたらダメなんですよ。

 

 

海外に販売って出来る?

アメリカのamazonに出品が出来ます。
手数料は大口出品だと月額手数料39.99ドル+販売手数料
今日は1ドル111円なので40ドルなら4440円くらい
小口出品は月額手数料なし、販売手数料が1商品あたり0.99ドルなので110円くらい
日本国内の手数料と同じくらいの値段やね
登録は英語やけど、出品は日本語で出来ます(向こうで勝手に翻訳されるらしい)

 

 

担当者っているの?

最初の店舗オープンまではオープン担当の人がついてくれるけど
そのあとはいません
面倒な営業の電話とかかかってこなくて楽なんやけど
「やり方がわかんねぇ~~~~~」って事が多いので
(これは自分がアホなだけ)
担当の人に相談したい、質問したい、という人には寂しいかも。

 

 

FBAって何?

amazonの倉庫が商品を預かってくれて
商品が売れたら梱包と発送、
返品対応もしてくれる便利なサービス。
「フルフィルメント」と呼ばれるものです。

もちろん在庫保管手数料とか色々手数料がかかるし
最初に、こういうバーコードシールを印刷して
商品1個1個に貼る作業がちょっと面倒なんですが

一度荷物を送っておけば、後は放置しておいてもアマゾンがやってくれるので楽。
※大口出品しかFBAは使えません

 

料金は「配送代行手数料」+「在庫保管手数料」

 

配送代行手数料

 

商品代金が安く、小型の商品はメール便で発送が出来るので、手数料も安いです。

  • 小型1 400円以下 119円
  • 小型1 600円以下 139円
  • 小型1 800円以下 159円
  • 小型2 400円以下 129円
  • 小型2 600円以下 149円
  • 小型2 800円以下 169円
  • 小型 226円
  • 標準 360円
  • 大型1 622円
  • 大型2 676円
  • 大型3 738円
  • 特殊大型 1398円

 

在庫保管基本手数料

  • 在庫期間が1~9月 7800円
  • 在庫期間が10月~12月 9000円

ここに、保管日数と商品サイズがプラスされます。

 

FBA在庫の返送・所有権の放棄

  • 返送 小型51円/個 大型103円/個
  • 所有権の放棄 10円/個 大型21円/個

 

長期在庫保管手数料

 

※毎年8/15と2/15に在庫チェックがあって売れ残り商品は保管継続するか、
破棄するか、返送するかの選択を迫られます

 

一番安いのは「破棄」ですが、捨てるのは勿体ないですよね。
なので「保管」か「返送」を選択するのですが、保管料金は保管日数によって異なるので
どちらが安いかは商品によって異なります

また再発送するのが面倒なので保管しておいても良いと思うのですが
値下げするのも手です

※この保管期限の締め切り前に値下げする出品者は多いです。
保管料金を払うより、商品が売れたほうが利益がある場合は思い切って値下げしてみましょう

 

10㎝×10㎝×10㎝あたり
6か月以上12か月以上 ¥87.4285
12か月以上 ¥174.857

この大きさがよくわからないのでどれくらい値段がかかるのか不明なのですが
とりあえず大きい商品だと料金がその分、保管料金がかかるという感じです

 

せどりって何?

 

最近よく耳にする「せどり」
簡単に言えば「安く買って高く売る、競売り」
「中国の商品を安く買って、日本で高く売る」
その逆も今は多いみたいです。

中国の商品を安く仕入れる→アマゾンのFBAに送る→高く売れたら
その分の利益が自分に入る、というシステム。

商品の在庫は全部FBAにあるから自分の保管スペースはいらないし
後は勝手にアマゾンが販売してくれるから楽々。
あんまり高すぎても売れないので、このあたりの値段設定が難しいんですが。

 

毎年8/15と2/15の直前になると
長期在庫保管手数料を払いたくない出品者が
販売価格を下げる事が多いので。
この時に安く買って、高く売る人もいます

 

私は、ネット通販の時に似たようなことをやっていましたが
(海外で安く商品を仕入れる→通販サイトで販売する)
どうも向いていなかったのでやめました(;´・ω・)
仕入れても売れ残ってばっかりで、自信がなくなった(´・ω・`)
目利きが出来る人には良いんじゃないでしょうか。

 

 

最後に

amazonで出すなら「FBA」を利用しない手はないといわれるほど
FBAは重要。

「せどりをしたい」
「商品を保管しておくスペースがない」
「HPが作れない。HTMLの知識もないけど文字入力だけなら出来る」
といった人にはamazon出店をおススメします

 

大口出品サービスの月額登録料が初月10円になるキャンペーン実施中!

amazon出品サービスはこちら

 

各サイトごとの説明はこちら

 


LINEで送る
Facebook にシェア
Pocket