速販くんの料金、評判、感想(ネットショップ一元管理ソフト)

投稿者: | 8月 20, 2018

 

ネットショップ一元管理ソフト

通販スタッフのあかねこです。

たくさん店舗があると、楽天市場で注文が入った~アマゾンで注文が入った~と
複数のお店の注文確認をしたり
楽天で商品が完売したから、amazonの商品を在庫ゼロにしないと…
など、店舗が多ければ多いほど、その手間はかかります

個人で「ヤフオクとメルカリと2つのサイトで1つの物を出品していて
ヤフオクで売れたからメルカリの出品を停止しよう」
とかいう経験はないでしょうか?

1つだけなら良いけど、これが数が多いともう大変!!!
10個も20個も作業やっていたら他の作業が出来ない!
そこで、ネットショップをひとつにまとめてくれる一元管理ソフトがあると便利です。
今までにいくつかソフトを使用したので、感想を書いてみます。

 

 

速販シリーズ

 

「速販」は株式会社サイオさんが運営する
ネットショップ一元管理ソフト。

私が一番最初に使ったのはこの「速販」でした
何でこれにしたのかというと、当時いた社員さんが
「速販っていうソフトがいいよ」と教えて下さったのがキッカケ。

 

社員さんは
「速販は商品の出品だけでなく、受注取り込みも出来るよ」と教えてくれたり
(それまでは受注管理ソフトという存在を知らなかったので、受注を全部手動でやっていた)
「画像編集はフォトショップ以外にもこういうソフトがあるよ」
と無料でも高機能な画像編集ソフトを教えてくれたりして
すごく色々と良くしてもらったのですが
体調を崩されて、しばらくして退社されてしまいました。

 

速販には
「速販」
「速販コネクト」
「速販C2」
の3シリーズがあり、当時は「速販」を使っていました

 

 

 

「速販」の特徴

 

「速販」は、パソコンにインストールするソフト型でした。
1台のパソコンに、1つしかインストール出来ないので
これが結果的に速販を使うのをやめたんですが。

 

当時は私1人で受注や出品をしていましたが
店舗の規模が大きくなるにつれ、1人では無理になってきたのですが
速販のソフトは1つのパソコンにしかインストール出来なくて
他の人が使えないのが不便でした

 

例えば出品をしたいときに、他の人が受注作業をしていたら
「ちょっと待ってください~このメール送ってから~」とそのパソコンがあくのを待たないといけない。

逆もまたしかりで「お客さんから問い合わせが入っているから注文確認したいんですけど~」
「ちょっと待って~これ保存しておく~」
とか、1台のパソコンの取り合いでした。何このパソコン人気。

 

「速販コネクト」はLAN共有で同じ職場内であればデータ共有を出来ます。
ただ、うちは支店で、本社はまた別の場所にあったのでこれもダメでした。

 

「速販C2」はクラウド型なので、どこにいても使用出来ます。

 

 

 

対応モール・カート

対応モール

  • 楽天市場
  • ヤフーショッピング
  • ヤフオク
  • amazon
  • ポンパレモール
  • wowma
  • Qoo10
  • ヤマダモール
  • aishipR

対応カート

  • ショップサーブ
  • makeshop
  • カラーミーショップ
  •  ホームページマイスター
  • EPRESS DESIGN
  • FutureShop2

当店で取り扱いしていて、速販が対応していないのは
「ショップリスト」 かな。

 

受注管理

ECサイトの注文データを一括で取り込み、メール送信、帳票作成、送り状作成など、出荷までの処理が出来ます

商品管理

商品データを新規に作成、他のサイト向けに変換、説明文や金額を変更などを行い、ショップに登録します。
速販C2は商品登録に対応していないので、C2と速販コネクトもしくは速販と組み合わせて使用したほうが良いです

 

在庫連動

ある1店舗で購入されて在庫数が減った場合、その他の各店舗にも同じように在庫数が更新されます。
セット商品や、商品番号が商品ごとに異なる場合でも対応可能。

 

料金について

「速販C2」

  • 受注管理
  • 在庫数連動「速販在庫」
  • 受注データの共有(クラウド)
  • 同一モール内複数店舗管理
  • 自動受注取込
  • 送り状ソフト連係
  • 決済サービス連係
  • 倉庫管理システム連係
  • メールシステム連係
  • デュアルディスプレイ

 

 

初期費用 30000円
月額使用料  定額プラン 12000円×アカウント数
従量プラン 8000円+10円×201件以上の受注件数
在庫連動 基本料金+連動料金+オプション料金

基本料金(SKU登録数)

  • 1000まで 2000円
  • 3000まで 3000円
  • 5000まで 4000円
  • 10000まで 5000円
  • 20000まで 6000円

 

連動料金(在庫数連動間隔)

  • 5分 5000円
  • 15分 3000円
  • 30分 1000円

セット商品 2000円

 

例として3,000SKUまで登録し、5分間隔で5店舗、セット商品オプションを利用の場合
3,000円 + 5,000円×5店舗 + 2,000円 = 30,000円になります

 

 

「速販コネクト」

  • 受注管理
  • 商品管理(選択肢別在庫商品も可)
  • 受注データの共有(LAN共有)
  • 同一モール内複数店舗管理
  • 送り状ソフト連係
  • 決済サービス連係
  • 倉庫管理システム連係

 

初期費用 30000円
月額使用料  10500円×台数×オプション料金(5台毎)

 

「速販」

  • 受注管理
  • 商品管理(通常在庫商品のみ)
  • 送り状ソフト連係
  • 決済サービス連係
  • 倉庫管理システム連係

 

初期費用 14000円
月額使用料 6000円+オプション料金

 

※「速販コネクト」を「速販C2」の商品管理機能としてご利用の場合
初期費用無料、本体1台5,000円/月

 

 

オプション料金

 

「楽天市場」「ヤフーショッピング」「ヤフオク」
この3つは標準対応していますが、その他のモールは「オプション料金」がかかります

  • amazon
  • ポンパレモール
  • wowma
  • Qoo10
  • ショップサーブ
  • makeshop
  • FutureShop2
  • カラーミーショップ

は、オプション料金として各1000円/月

だから店舗数が多ければ多いほど、オプション料金がかかります

当時、うちは楽天市場、ヤフオク、wowma、amazonの4店舗を使っていたので
wowmaとアマゾンのオプション各1店舗で合計2000円
佐川急便を使っていたので、佐川急便のE-飛伝オプション500円がかかっていました。

 

基本料金6000円
オプション料金としてwowma、amazon1店舗ずつで2000円
佐川急便オプションで500円
合計8500円

 

他サイトはだいたい月の利用料金が10000円以下の場合
「最低利用料金10000円かかります」というところが多いのですが
速販は、10000円以下でも利用料金のみとなります

 

標準装備の楽天とヤフーも6店舗以上からは500円かかります(速販コネクトのみ)
2~3店舗出しているお店は多いですが、さすがに6店舗以上出店されているお店は少ないと思います

標準装備以外のamazonやwowma等は、2店舗目以降から追加料金が1000円かかります(速販コネクトのみ)

 

登録出来る店舗数

 

登録出来る店舗数にも、制限があります。

10店舗まで

  • 楽天市場
  • ヤフーショッピング
  • ヤフオク
  • カラーミーショップ

 

5店舗まで

  • amazon
  • ポンパレモール
  • wowma
  • ショップサーブ
  • makeshop

 

3店舗まで

  • futureshop2

 

Qoo10、ヤマダモール、aishipR、ホームページマイスター、EPRESS DESIGNは
1店舗までになります

 

オプション料金

「速販」のほうは、送り状ソフトと連携するのにオプション料金がかかります。

  • ヤマトB2(ver7)(ver6)便種対応版、クラウド
  • 佐川急便e-飛伝Ⅱ便種対応版
  • 日本郵便ゆうパックプリントR
  • 西濃運輸カンガルーマジックⅡ便種対応版

 

↓これらは無料になります

  • ヤマトB2(ver7)(ver6)
  • 佐川急便e-飛伝Ⅱ
  • 西濃運輸カンガルーマジックⅡ

 

 

最後に

 

店舗の規模が小さい、一人でやっている、のであれば
ソフト型の「速販」で充分です。
楽天、ヤフーショッピング、ヤフオクだけ1人でやるのであれば
月6000円だけで使用出来るので
店舗数が多い、使用する人数が多い場合はあんまり向いていないかと思います。

 

あと、速販は商品登録の時「通常在庫」しか登録が出来なかった。
通常在庫とは「色やサイズの選択肢がない商品」の事。

1つの商品に対して「色やサイズ」がある場合は「選択肢在庫」になります。
これは速販コネクトしか対応していません

自分の取り扱う商品は特にサイズ展開などなく、1商品につき1アイテムだけであれば
通常在庫で充分ですが
うちで扱っていたのはアパレルなので「Mサイズ、Lサイズ」
「白色、黒色」とかいくつか選択肢がありましたので

 

今、速販を使うのなら

 

速販C2と速販コネクトを組み合わせたプランかな。
速販C2で在庫管理して、速販コネクトで商品をアップする。

C2の従量プランが8000円
在庫が1000SKUまで2000円、連動時間が30分で1000円、セット料金なし
コネクト料金が月5000円

=最安値にしても16000円。

 

商品数が多かったり、店舗数が多いとその分値段もあがります。
※楽天の中で2店舗出しているとか、複数店舗だと、またオプション料金がかかる

 

速販は色々とオプションいらないから、その分安くしてほしい
自分で好きな機能だけ選択して使いたい
少人数で小規模な店舗運営をしているという人向けだと思います。

オプションを色々つけるとめちゃくちゃ値段高くなるので
その場合は他のソフト使ったほうが安上がりになります。

速販への申し込みはこちらから
30日間、試用出来ます

https://sokuhan.jp/sokuhan/

 


 

LINEで送る
Facebook にシェア
Pocket