Amazonアフィリエイトの審査と便利ツールまとめ

Amazon アフィリエイト

ネットショップの大手、アマゾン

 

ネットショップと言えば楽天市場とアマゾンが有名だと思います。

最近はアマゾンプライム会員だと動画が見れたりして、買い物以外のサービスも増えています。

Amazonに出店をお考えの方はこちらの記事をどうぞ↓

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://akaneko.xyz/Amazon/]

 

 

Amazonアフィリエイトって?

Amazonアフィリエイトとは「Amazonで商品を紹介して稼ぐアフィリエイトのこと」です。

Amazonでは「アマゾンアソシエイト」と呼びます。

 

Amazonアソシエイト(アフィリエイト)プログラムに参加しよう!
Amazonが提供するアフィリエイト(成果報酬型広告)サービス。画像への広告埋め込み機能やお手軽ウィジェットなど初心者にも嬉しい多彩なリンク作成機能をご用意しています。紹介対象商品は5,000万点以上! 携帯・スマホにも対応。アカウント登録・利用はもちろん無料です。

 

アマゾンアフィリエイトの特徴としては

 

  • Amazonの商品を自由に紹介できる
  • 初心者でも成果が得られやすい
  • 月5万円以上の報酬も狙える
  • 別の商品が売れても報酬になる
  • 1商品あたりの紹介料はそれほど高くない

 

Amazonアフィリエイトの利率は?

商品によって異なりますが、2%~10%の利率がメインです。

うちで取り扱っているのは主にアパレル系なので、服やファッション小物が売れたら8%ですね。

 

Amazonアフィリエイトの紹介料

 

他の商品が売れても報酬が入る

Amazonのアフィリエイトリンクをクリックした後に、クリックした商品とは別の商品を注文された場合でも、報酬が入ります。

うちの商品のアパレル商品のリンクをクリックした後に、全然違う店の本の注文が入った場合でもOK。

なのでクリックしてもらうということはとても大事です。

 

ちなみに商品リンクはこんな感じになります。

(これはうちの商品ではありませんが、参考として)

 


※楽天アフィリエイトは以前はこのクリック後の有効期間が30日間有効だったのですが、24時間になってしまいました。

Amazonも有効期間は24時間です。

 

Amazonアフィリエイトの審査に通るためにやること

よく「アマゾンアフィリエイトの審査は厳しい」と言われています。

これは確かに他のアフィリエイトサイトよりも厳しいかもしれません。しかも理由がわからない…。

あと、審査期間が他のサイトに比べて長いです(1週間くらいかかる)

きちんと審査しているということでしょうか。

 

審査に落ちたとしても、再度申請することが出来ます。

これはグーグルアドセンスの審査と似ています。

 

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://akaneko.xyz/adsense03/]

 

[adcode]

 

ブログの記事数

 

まず、記事数が少ないと受からないようです。文字数もある程度が必要(1000文字くらいあると良い)

とはいえ、グーグルアドセンスよりは審査は厳しくないので1000文字が5記事くらいあれば良いと思います。

 

利用規約を確認する

利用規約は、たまに無料ブログだとアフィリエイトの掲載を禁止しているサイトがあるので規約を確認してください。

最近アメブロは一部ASPに限り解禁されましたが、サイトによってはまだ全面的にNGのところがあります。

 

Amazonでの購入履歴

購入履歴は、今までにアマゾンで注文したことがあるかどうかなのですが、過去に注文履歴があったほうが審査に通りやすいとかいう噂が。

本当かどうかはわかりませんが、全く履歴がないよりはあったほうが通るかもしれません。

なので審査用に新しいアマゾンのアカウントを取った人は、過去にアマゾンで注文したことのあるアカウントで審査に出すほうが良さそうです。

 

禁止事項を確認する

禁止事項はグーグルアドセンスと同じです。

アダルト、暴力、誹謗中傷な内容は禁止されています。

 

他のAPSサービスを貼らない

他のAPSサービスを利用している場合、審査に通らないので審査が終わるまでは外しておいた方が良いです。

審査が通った後は、他のAPSサービスを掲載しても問題ないです。

 

Amazonの審査のためだけの審査用ブログを新たに作るのもありです。

グーグルアドセンスと違って、無料ブログでも審査に出せるので無料で審査用のブログを作ってみては。

 

無料ブログではアフィリエイト広告を貼るのがNGのサイトもありますが、楽天アフィリエイトはOKの場合が多いです。

はてなブログが無料でも有料でも使用者が多いです。1度登録してみましたが、使いやすかったです。

 

シーサーブログも無料で作成出来て、アフィリエイトOKです。


 

他にアフィリエイトOKの無料ブログは

  • FC2ブログ
  • livedoorブログ
  • アメーバブログ(一部に限る)
  • blogger
  • exciteブログ
  • JUGEM
  • Tumblr
  • 忍者ブログ
  • ウェブリブログ(一部に限る)
  • 楽天ブログ(一部に限る)
  • LINEブログ(一部に限る)
  • ココログ
  • fanblog(一部に限る)
  • g.o.a.t(一部に限る)

 

「一部に限る」は利用できる対象のASPが特定されていて、アマゾンアソシエイトが使えない場合があるので、制限のないブログサービスを選びたいです。

 

[adcode]

 

アフィリエイト作成の便利ツール

いざ審査に通って、リンクを貼ろうとしても、アフィリエイトリンクを貼るのって結構面倒なんですよね。

そこでアマゾンのアフィリエイト作成が簡単に出来るツールをまとめてみました

 

amazlet

商品名を入れるとアフィリエイトリンクが作成されます。

Amazlet Tool
amazlet - the best bookmarklet tool for amazon affiliates, which makes easier to build a link to specific product detail page from Amazon.

 

カエレバ

利用している人が多いツールです。アマゾン以外にも出力出来て便利。

商品紹介ブログパーツ カエレバ
ありそうで無かった、商品紹介用のブログパーツあります!

 

amaprop
ショーケースが簡単に制作できます↓

Amaprop | アマゾンアフィリエイト用リンク作成ツール

 

AmazonRanklet

売れ筋準にランキングを表示してくれるツールです

アマゾンランクレット | 超簡単、Amazonアフィリエイトリンク作成ツール[AmazonRanklet]

 

最後に

よく楽天アフィリエイトとアマゾンアフィリエイトのどちらが売れる?とう質問がありますが、以前はだいぶ差があったのですが楽天がAmazonに近付けたので、差がなくなってしまいました。

なので

どちらもあんまり変わらない

というのが個人的な印象なのですが、審査の厳しさに見られるように利用規約はアマゾンのほうが厳しい感じがします。

 

ちなみに出店側からすると、楽天よりアマゾンのほうが色々うるさいので、ぶっちゃけ出品作業は面倒です。

 

ちなみに楽天もAmazonも「自己購入」禁止となっていますので、自己購入がバレるとアカウント停止になることがありますのでご注意を。

(自分で広告リンクを貼って、そのリンクから自分で注文すること)

 

タイトルとURLをコピーしました