wowma退店。出店手数料4800円の落とし穴

ネット通販サイト

au wowmaを退店しました

wowmaはネット通販ショップ(ECサイト)の中でも、Amazonや楽天といった大手のサイトよりも昔からある老舗です。

10年くらい前は「biddasu(ビッダーズ)」というサイト名でした。

その後DeNAショッピング→wowma→現在はau wowmaという名前になっています。

 

このau wowmaですが、2020年をもって退店することにしました。

今回は、退店理由について。

au wowmaの手数料について

出店手数料はコミコミプランだと「月4800円+成約手数料だけ」と書かれています。

成約手数料も最大9%なので、同じくらいの月額使用料のAmazonに比べたら利用料金が安いのかな?という印象があります。

(アマゾンの大口出品は月額使用料4900円、成約手数料最大15%)

でも、実際はもっと料金がかかる!

 

 

wowma手数料

コミコミ出店プランの明細です。

  • 基本出店料
  • 成約手数料
  • ポイント付与原資
  • オプション料
  • 広告掲載料

(すべて税別)

 

まず基本出店料ですが、1か月4800円(+消費税)

成約手数料は、カテゴリーによって異なりますが売り上げによって料金が変わります。

基本的に100万以下の場合は全て9%。

 

 

ポイント付与原資はポイント10倍などポイントアップした時の、ポイント分。

普段はポイント等倍はないけど、キャンペーンでポイント10倍にした時など、お客さんに付与されるポイントは店舗負担になります

(たまにモール負担のキャンペーンもあります)

 

[adcode]

 

オプション料金は「特集ページ」の公開数によって増えます。

特集ページは店舗側で、HP作成の知識がなくても画像や文字をテンプレートに入力するだけで簡単に作れる商品の紹介ページです。

 

この特集ページは「5枚までは無料」で6枚以上は1枚当たり月110円(税込)のオプション料金がかかります。

作成は500枚まで可能。

もし500枚作ったとしたら500枚×110円=55000円のオプション料金ですね。

ちなみに、特集ページは作成すればするほど売り上げが上がるようです。

 

 

wowmaの特集ページ

 

オプション料金の節約方法

このオプションページを節約する裏技として

「wowma Plus」というHTML、CSS、jacascriptが使えるサーバーで自分でページを作成するという方法があります

オプションページを自分で自作してしまおうというものですね。

HTMLとFTPの知識があれば作れます。が、知識がないとちょっと難しいので初心者向けではありません…

 

ちなみにこの「wowma Plus」は、CSV一括出品オプション(月1万円)に申し込みすると使えるようになります。

なので「特集ページを作成せずに、wowma plusで自分で特集ページを作成する」とオプション料金を節約することが出来ます。

 

逆に言うと「wowma Plus」を使いたい場合は月1万円を払わないと、HTMLで製作出来るページが作成出来ませんので

「CSV機能はいらないけど、サーバだけは使いたい」という場合でもCSV機能を申し込まないと使えません。

なので出品数が多く、HTMLの知識もあるという店舗向けです。

出品数が少なく、HTMLの知識もあまりない店舗の場合であればこのオプションは不要ですので月4800円+手数料の、最低金額で使用することが出来ます

一番の節約はwowma plusのオプションをつけないことですね。

 

 

ただ、商品数が多い場合(100商品以上)は絶対CSV機能が必要になってきます。

出品だけでなく、一括で商品の編集する時にも必要になってきます。

商品数が少ない場合は手作業で編集できますが、100商品以上あると手作業で編集なんてやってられない!(゚Д゚;)

このCSV一括編集オプションは、デフォルトでついているサイトとついていないサイトがあります。

出品数が少ない、CSV機能を使わない、HPのデザインも凝ったものでなくて良い、というようなサイトであればwowmaは格安で利用出来るので良いと思います

 

 

こうすると、広告や特集ページの作成などの販促を一切やっていなくても

最低でも月額使用料4800円+wowma plus使用料10000円=14800円(税別)の成約手数料がかかります。

 

wowmaでは「基本手数料が4800円です!」と謳っていますが、確かに出品数が少なければ月々4800円+成約手数料で使えます。

でも、当店はわりと出品商品が多いので、CSV機能は必需品です。

となると毎月、最低1万5000円はかかるんです。

ここが盲点でした。

もちろんここに売り上げがあったらその分、成約手数料が加算されるので実際の支払金額はもっと多いです。

 

[adcode]

 

他サイトの月額手数料の比較

以前、ポンパレモールが月額19800円だったのが高くて退会したのですが

結局wowmaも最低でも月額15000円かかるので変わらないな…という事なので

退会する運びになりました。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://akaneko.xyz/ponparemall-2/]

 

もちろん15000円以上売り上げがあれば問題ないのですが、最近売り上げが悪くて15000円も売れない月が続いていたのです。

そうなると手数料を払うだけで赤字になってしまうので…。

 

大手のAmazonですと、月額手数料はほぼ同額の4900円+販売手数料です。

販売手数料はカテゴリによって異なりますが8%~15%。

手数料がちょっと高めですが、Amazonプライムなど他のサービスが充実しているのでAmazonのユーザーは多く、売り上げもあります。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://akaneko.xyz/amazon/]

 

楽天市場は一番安い「がんばれプラン」が月19500円+手数料とwowmaよりも高いのですが、

楽天は普通に1日2万円以上売り上げがあります。

なんだかんだ、Amazonと楽天市場は集客力が強い。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://akaneko.xyz/rakuten/]

 

ちなみに契約期間は12か月(1年間)なので、契約月にならないと解約が出来ません。

契約月が3月だとしたら、2か月前の1月~2月の間に、解約ボタンが表示されますので解約ボタンを押すと、3月末に契約が終了となって店舗が閉鎖されます。

契約月の2か月前以外は、解約ボタンは表示されません。

 

なので「解約したい!」と思っても解約ボタンが見つからないのでwowmaに問い合わせしたことがあります。

2か月前じゃないと解約出来ませんという返答があり、しばらく手数料を払っていました。

 

売上ほとんどないから赤字になるっちゅーねん。

 

 

この解約ボタンは推さない限り、契約は自動で継続されます。

wow managerマイページ、会員番号が書いてある横に退会するか継続するかの表示が出ます。

継続ボタンを押さなかった場合でも、勝手に自動で契約は更新されます。

今は契約終了ボタンを押したので、「ご契約終了のお申し込みを承っております」という表示になっています

 

wowma退店

 

[adcode]

 

wowmaはauユーザーしか使わない?

au wowmaは名前の通り「auユーザー」向けのショップのイメージが強いです。

auの携帯電話を持っている人しか使えないわけではないのですが、どうしてもそういうイメージがあります。

(実際にauユーザーならお得なキャンペーンが多いですが)

あと、携帯電話のかんたん決済(携帯電話の使用料金と一緒に商品の代金が払える)が使えるので、クレジットカードを持っていない学生が注文している事が多いです

もちろんクレジットカードも使えるのですが、コンビニ払いや携帯払いで注文する人が多いです。

 

学生向けですと、どうしても商品単価が安いものが売れます。

学生が家電とか車とか買わないでしょう(;´・ω・)

文房具や雑貨、プチプラのファッションやコスメなんかが人気です。

となると、やっぱり店舗的には売り上げが厳しいです。

 

私はauユーザーではないですし、au系のポイントも貯めていません。

最近はキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)以外のスマホを使っている人も増えています。私も格安スマホを使っています。

なのでますますwowmaを使おうということがないです。

 

というわけで残念ながらwowmaからは撤退することとなりました。

2店舗出店していますので、もしかしたら1店舗は残すかもしれませんが、様子を見ようと思っています。

というのもwowmaでの出品商品が2020年から中国の豌豆公主(ワンドウ)というサイトに出店されるとのこと。

このワンドウというのが「中国消費者向けの日本商品特化型ショッピングアプリ」とのことなのですが、当店で取り扱いしているのはすべて中国製。

中国製の商品が、日本商品特化型の店で売れるのか?

日本製なら需要があるでしょうが、中国製の商品が中国で売れるのかは謎です

 

日本だけでなく海外のお客様に向けて販売は今後、どのサイトでも増えていくと思われますので、今後も動向をチェックしていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました