在庫ロボットzaiko robotの料金、評判、感想(ネットショップ一元管理ソフト)

zaiko-series在庫seriesの評判や料金は? ネットショップ一元管理ソフト

zaiko-series在庫seriesの評判や料金は?

あかねこ
あかねこ

こんにちは。

楽天市場や、amazonといった

ネット通販のスタッフをしている、あかねこです。

くろねこ
くろねこ

・複数サイトで出品していると

在庫管理が大変なので在庫管理ソフトを探している

 

・在庫ロボットって利用料金はどれくらい?

 

・zaiko robot、item robot、robot-inとあるけど

どう違うの?

 

という疑問をお持ちの方の悩みを解決できる記事です。

 

zaiko robotのメリット

・在庫連動に特化しているので在庫管理が簡単にできる

・商品ごとに細かいカスタマイズが可能

・全自動なので最初に設定しておけば、後は放置しておいても大丈夫

zaiko robotのデメリット

・在庫連動が標準でついているソフトであれば、特に使う必要はない

・店舗数が多いとその分、料金が高くなってしまう

・在庫アラートのメールが頻繁に届くので、メールサーバーに負担がかかる

 

在庫ロボットとは?利用に関する疑問にお答えします

在庫ロボットはハングリード株式会社が運営する

複数のネットショップ間の在庫数を、24時間365日自動で連動するシステムです。

くろねこ
くろねこ

在庫ロボットを使ってみたいけど

迷っている…

という方向けに、実際に在庫ロボットを利用したことのある人が、

紹介を書いてみました。

 

あかねこ
あかねこ

昔は在庫連動ツールと言えば

在庫ロボットしかなく

ショップリストの出店には

在庫ロボットの利用が必須でした

 

最近は多数のサイトで在庫連動機能がついているので

サイトの選択肢が増えましたね

在庫ロボットの利用者の評判は?

チェック、ノート

・在庫連動に特化しているので機能が優れている
・設定した在庫数以下になると通知がくるので、発注がしやすい
・セット商品にも対応していて、細かいカスタマイズがしやすい
・サイト数が多いと利用料金が高くなる

といった声があります

 

あかねこ
あかねこ

在庫連動だけをメインにするのであれば

在庫ロボットはかなり優秀です

 

受注は別のソフト、

在庫連動は在庫ロボット、

とわけて使っている店舗も多いです

在庫ロボットの特徴は?

はてな、ハテナ、疑問、?、

robotシリーズには3種類あって

・在庫管理の「zaiko robot」
・商品管理の「item robot」
・受注管理の「robot in」

があります。

 

在庫管理の「zaiko robot」は

例えば楽天市場、ヤフー、amazonで10個ずつ出品していて、

楽天で1個売れたらヤフーとアマゾンの個数も1つ減らして9個にしてくれます

なので、楽天でもし0個になったら、ヤフーとアマゾンも自動で0個にしてくれます。

 

この作業、昔は手作業でやっていました。

(まだ在庫連動をソフト使っていなかった)

 

1個売れたから、他のお店も1個ずつ減らして…

在庫がなくなったから他のお店も完売にして…

商品が入荷してきたら、またその分だけ追加して…

 

あかねこ
あかねこ

あれ、今在庫何個・・・???

 

店舗数が多ければ多いほど、作業が増えるのでめちゃくちゃ大変でした。

 

在庫切れ商品の管理が楽になる

ザイコロボの在庫連動イメージ

商品が残り少なくなってきたり、在庫切れになったらメールで教えてくれます

あと残り〇個だよ~という個数は自分で設定可能ですので

人気の商品や、発注に時間がかかる商品は多めの個数にしたり

あまり売れない商品は少なめに、と細かい変更が出来ます

 

 

あかねこ
あかねこ

商品が売り切れる前に発注をかけておく事が出来るので

売り切れ防止や

倉庫には商品があるのに、

ネットショップでは売り切れてるΣ(゚д゚lll)ガーン

なんて事も減ります

 

個人で出品する場合なんかは1つの商品を

「メルカリ」と「ヤフオク」の両方出していて

もしヤフオクで商品が売れたら、メルカリのほうは出品停止しますよね

 

それがもし夜中とかで、自分が寝ている時にヤフオクもメルカリも落札されていて

出品停止が間に合わなかった!

悪い評価になった!とかいう事はないでしょうか?

 

こういう事件を事前に防いでくれます

もしヤフオクで売れたら、メルカリのほうも在庫がゼロになって

他の購入者は購入が出来なくなりますので、凄く便利です。

※メルカリは対応していません

 

セット商品の在庫管理が楽になる

セット商品が売れ、単品ページの在庫数を手動で減らす作業イメージ

セット商品が売れた場合、単品ページの在庫数をそれぞれ

手動で減らす作業が必要になりますが

在庫ロボットなら自動で減らしてくれます

 

この手動作業が!地味に時間がかかる!!

昔は1つ1つ、ちまちま更新してました。

いちいちサイトにログインして在庫数を変更して…

しかもサイト数が多いから時間かかるし…

 

あかねこ
あかねこ

時間がもったいないです。

自動化しましょう!!

 

楽天スーパーSALE時の在庫更新イメージ

また、在庫ロボットはスーパーセールの商品も対応しているので

スーパーセール用の商品が売れたら、通常の商品ページの在庫も減らしてくれます。

複数の商品の在庫を細かくカスタマイズ出来るのが在庫ロボットの特徴。

この機能は、かなり便利!!

 

ショップリストは在庫連動ソフトが必須!

ショップリストに出店する時の条件として

「在庫ロボットに登録する事が必須」でした。

 

在庫ロボットのような高機能のものを入れるつもりはなかったのですが

入れないと、出店が出来なかったので仕方なく、在庫ロボットを入れました。

当時(平成の終わり頃)は今ほど在庫管理ソフトが普及しておらず

この在庫ロボットくらいしか、ありませんでした。

 

その頃すでに10店舗くらい運営して、商品数は2000くらいありました。

プラン2000だとしたら、月額費用4,000円×10サイト=40,000円…!?

 

さすがに毎月4万円も支払えないので、とりあえずショップリストと

楽天市場の2店舗で在庫ロボットに登録しました

(月額費用4000円×2サイト=8,000円)

 

この2店舗以外は、手動。

当時は、ちまちま手動で在庫変えてました。

 

ショップリストですが、今は他の在庫管理ソフトで

在庫連動が出来るのであれば、在庫ロボットでなくても大丈夫になっていますが

在庫連動ソフトは必ず入れないといけないです

 

在庫ロボットの対応モール・カート

在庫ロボットの対応ショップ

対応モール

・ 楽天市場

・ ヤフーショッピング

・ ヤフオク

・ wowma

・ amazon

・ Qoo10

・ SHOPLIST

・ ぐるなび食市場

・ ポンパレモール

・ Sumally

・ サンプル百貨店

・ PARTE

・  MUSE&CO

・ RyuRyu

・ORIGAMI

・ギフトモール

・ヤマダモール

・smarby

・LOHACO

・ZenPlus

・paypayモール

対応カート

・EC-CUBE

・CAGOLAB

・ショップサーブ

・Futureshop2

・JOYCART

・STORECART

・WISECART

・カラーミーショップ

・マルチドメインカート

・aishipR

・メイクショップ

・zencart

・ESC

・モバイルプロ

・cscartjapan

・ロジカート

・gateway

・orangeEC

・ebisumart

・magento

・カゴラボ

・EC Direct

・Bカート

対応卸売

・super delivery

・NETSEA

・らくらく卸

対応POS

・BCPOP

・powerpos

・popco

対応基幹システム

・BIZTREK

 

 

料金について

お金、財布

すべて初期費用30,000円×サイト数

※初期費用は楽天RMSから申し込みすると無料

PLAN500

・商品点数~500点

・月額費用1,500円×サイト数

PLAN1000

・商品点数~1000点

・月額費用3,000円×サイト数

PLAN2000

・商品点数~2000点

・月額費用4,000円×サイト数

PLAN3000

・商品点数~3000点

月額費用5,000円×サイト数

PLAN5000

・商品点数~5000点

・月額費用7,000円×サイト数

PLAN10000

・商品点数~10000点

・月額費用10,000円×サイト数

PLAN30000

・商品点数~30000点

・月額費用12,000円×サイト数

PREMIUM PLAN

・商品点数 無制限

・月額費用 50,000円

 

商品数にSKUは含まれません

SKUというのは、色やサイズとかの種類がある場合

・Mサイズの赤色
・Mサイズの黒色
・Lサイズの赤色
・Lサイズの黒色

みたいな感じで、これだと4SKUになります

item robotとrobot inについて

商品管理システムitem Robotと在庫管理システムzaiko Robotの連携イメージ

商品管理のitem robotも使用したことがありますが、

item robot単品の場合は特に使用する必要はないと思いました。

item robotは楽天市場のCSV商品一括編集サービスに

申し込み(10,000円/月)していたら無料で使用が出来ます

item robotはzaiko robotと組み合わせて使用する事で効果があります。

受注管理のrobot inは使用したことがないので、よくわかりません。

 

「item robot」と「zaiko robot」はシリーズで、

管理画面なども似ていたのでおそらく「robot in」も似たような画面だと思います。

可能であれば「商品」「受注」「在庫」の3つともシリーズで揃えるとさらに便利。

・「受注」と「在庫」だけ使いたい
・「商品」と「在庫」だけ使いたい

など、自分のショップにあった組み合わせが出来ます

 

何故、zaiko robotを選ばなかったのか?

パソコン、珈琲、カメラ、コーヒー

私が登録したときは、初期費用30,000円×2店舗で60,000円かかったのですが

今は楽天RMSから申し込みすると、初期費用はかかりません。

 

在庫ロボットはサイト数と商品数によって費用が追加されます。

複数店舗を持っている人が使用するので最低でも2店舗以上あると思いますが

うちはPLAN2000を使っていたのですが

商品数が2000までで、月額費用が4,000円×2店舗=8,000円

 

その後店舗数が増えていって、全盛時は無駄に20店舗くらいあったので

20店舗もあったら月に80,000円!?

だったらプレミアムプランにしたほうが安いのでは?

プレミアムプランは商品点数は無制限で、50,000円/月です

受注ソフトは速販を使っていたのですが

受注ソフト代金と在庫ロボット代金でちょっと毎月の使用料が高かったので

もう少し安いソフトがないかなーと思って

受注と在庫が一体になっているEC店長に乗り換えたため、

zaiko robotは利用を止めました。

 

 

プレミアムプランは商品登録無制限、SKUも無制限になっていますが

サイト数は「15店舗」までとなっているのが注意。

もし16店舗以上お店を出している場合、16店舗以降は登録出来ません。

 

あかねこ
あかねこ

うち、最大時は20店舗くらいあったから、

結局ダメだったんじゃ…

最後に

電球、ひらめき

「在庫管理だけをしたい」 という場合は、高機能なのでオススメです。

 

受注ソフトは別の物を使って、在庫管理だけ在庫ロボットを使う、

といった補助的な使い方をするのがオススメ。

例えば速販くんで受注管理をして、在庫管理を在庫ロボットを使うとか。

 

 

うちみたいに、基本的な在庫管理だけ出来たら良いという場合は

受注と在庫が一緒になったソフトで充分なのですが

もっと詳細な在庫管理をしたいという場合は

受注専門ソフトと、在庫管理専用ソフトを別々に使うと、より便利になります。

 

20日間、無料でお試しが出来ます

※楽天に出店している人はRMSから申し込みで初期費用が無料になるので

楽天から申し込みしたほうがお得です。

楽天市場に出店はしていないけど、今後出店を考えているのであれば

先に楽天市場に出店してから在庫ロボットに申し込む事をオススメします。

何回も言いますが、初期費用30,000円かかりましたので…

 

タイトルとURLをコピーしました